昭和レトロな玩具・家電・雑誌・家具などなどをご紹介

懐かしの駄菓子がつまみになる⁈「駄菓子バー」

懐かしの駄菓子がつまみになる⁈「駄菓子バー」
駄菓子バー

以前、人形町へ行った時、水天宮前駅からすぐ近くにあった昭和レトロな看板ペタペタの「水天宮駄菓子バー」を見つけのですが、その時は支度中だったので入れず…近いうちに再訪してみたい、と思いつつ残念ながら昨年閉店してしまいました。
ということで、一度行ってみたい!という「駄菓子バー」について

駄菓子バーのあれこれ

いつできた?

1998年に大田区大森にオープンした当初は、昼のランチタイムにはカレー専門店、夜は駄菓子バーという一風変わった営業スタイルをとっていたそう。
その後、2003年には店名も現在のものに変更して、内装も昭和レトロの世界観を意識したものになったとされています。
駄菓子バーなのにカレーを提供し続けているのは、今はなきカレー専門店の名残りだそうです。

駄菓子バー
チャージ500円で駄菓子食べ放題!

駄菓子“食べ放題!”

基本システムは、チャージ料¥500(税別)で2時間駄菓子が食べ放題という、駄菓子好きにはたまらないシステムになっています。
また、様々なコースを選ぶことができるのでシーンに合わせた利用が可能です。
例えば、女子会コース。¥2,000(税別)で飲み放題・駄菓子食べ放題、揚げパン(1人1個)・おつまみ2品がいただけます。
他にもカップルコースや学生限定コースなどリーズナブルなコースがあり、大人数で行っても楽しめそうです。

 駄菓子を食べ放題にしたのは、子供の頃小遣いを握りしめて駄菓子屋に行ったときに、 あれも買いたいこれも買いたいと思っていましたが、ほとんどの子供はわずかな小遣いしかなかったので、 満足できる量の駄菓子を買えなかった経験がほとんどではないでしょうか。
 そこで、幼い頃のささやかな夢の「駄菓子をあれもこれも買って食べたい」という思いを少しでも実現できればと思い、 「駄菓子の食べ放題」をやろうということになりました。

出典: 駄菓子バーweb

駄菓子バーで昭和レトロへタイムスリップ

水天宮駄菓子バー
水天宮駄菓子バーのレトロ過ぎる看板がいっぱいの入り口

駄菓子は、誰でも1度は食べたことがあるはず。駄菓子バーは「好きなだけ駄菓子が食べたい!」という幼い頃の夢が叶う場所。

昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな店内で、昔懐かしの100種類以上の駄菓子が好きなだけ食べられ、居酒屋の定番メニューから給食メニュー、駄菓子を使ったオリジナル創作メニューまでバラエティ豊か、それをつまみながらお酒が飲め、童心に帰れる楽しいお店「駄菓子バー」。


都内では、新宿店新宿駄菓子バー、渋谷店しぶや駄菓子バー、池袋店池袋 駄菓子バー、蒲田店かまた駄菓子バーとあるそうです。
地方では、北海道札幌市路地裏 駄菓子バー いその、東京都八王子市放課後駄菓子バーA-55 八王子店、大阪府大阪市駄菓子バー A-55 大阪梅田店、兵庫県神戸市駄菓子バー Toy Box、京都府京都市放課後駄菓子バー A-55 京都四条河原町店、熊本県熊本市駄菓子バー ねこの巣があります。
大人の駄菓子屋さん!これはもう、駄菓子バーに行くっきゃない!